• HOME
  • 研究会・シンポジウム

研究会・シンポジウム

研究交流と情報交換を目的に、年2回の研究会と年1回の夏季現地研究会を開催しています。研究大会、シンポジウムでは、毎回一つのテーマに基づいて、幅広い視点からの報告と討論を行います。これまで「水の私法・公法」、「地球温暖化と水問題」、「水と環境教育」、「河川政策」、「水道水源」など、幅広く奥行きが深い水資源と水環境の問題に学際的なアプローチで取り組んでいます。  現地研究会では、韓国、屋久島、西伊豆、水俣等におもむき、開発や環境汚染などの現場での学習と、現地の関係者との研究交流を行っています。

研究会予定

「2017年度 大会」(6月3日)のご案内

これまでの研究会

■ 2016年度 冬季研究会詳細

【日 程】 2017年3月4日(土)
【場 所】 大阪学院大学

■ 2016年度 研究大会詳細

【日 程】 2016年6月4日(土)
【場 所】 法政大学市ヶ谷キャンパス

ページのトップへ




■ 2015年度 冬季研究会詳細

【日 程】 2016年3月12日(土)
【場 所】 立命館大学大阪いばらきキャンパス

■ 2015年度 研究大会詳細

【日 程】 2015年6月6日(土)
【場 所】 立命館大学大阪いばらきキャンパス

ページのトップへ




■ 2014年度 冬季研究会詳細

【日 程】 2015年3月7日(土)
【場 所】 キャンパスプラザ京都

■ 2014年度 研究大会詳細

【日 程】 2014年6月14日(土)〜6月15日(日)
【場 所】 創価大学

ページのトップへ




■ 2013年度 冬季研究会詳細

【日 程】 2014年3月1日(土)
【場 所】 大学キャンパスプラザ京都

■ 2013年度 研究大会詳細

【日 程】 2013年6月22日(土)〜6月23日(日)
【場 所】 長野県飯田市

ページのトップへ




■ 2012年度 冬季現地研究会詳細

【テーマ】 湖沼環境保全──びわ湖を中心に
【日 程】 2013年3月3日(日)
【場 所】 大津市・環びわ湖大学地域コンソーシアム

ページのトップへ




■ 2012年度 夏季現地研究会詳細報告

【テーマ】 川辺川ダム計画中止を見通した五木村の再生計画
【日 程】 2012年8月24日(金)〜8月26日(日)
【場 所】 熊本県五木村

ページのトップへ




■ 2012年度 研究大会詳細報告

【テーマ】 再生可能エネルギーと水資源
【日 程】 2012年6月2日(土)〜6月3日(日)
【場 所】 石川県白川市

ページのトップへ




■ 2011年度 冬季研究会詳細報告

【テーマ】 水道広域化の動向と課題
【日 程】 2012年3月3日(土)
【場 所】 大学キャンパスプラザ京都 第1会議室

ページのトップへ




■ 2011年度 夏季現地研究会詳細報告

【テーマ】 麗しの島・台湾の水資源と環境の力
【日 程】 2011年8月21日(土)〜24日(水)
【場 所】 台湾
*参加される方へ 重要なお知らせ(至急)。詳しくはこちらをご覧下さい。

ページのトップへ




■ 2011年度 研究大会詳細報告

大会プログラムは"詳細"をご覧下さい / 大会ポスターはこちらをご覧下さい。
【テーマ】 総合流域管理
【日 程】 2011年6月4日(土)
【場 所】 バンビオ1番館(長岡京市中央生涯学習センター)
*大会テーマが、上記詳細から変更になっております。詳しくはこちらをご覧下さい。

ページのトップへ




■ 2010年度 冬季研究会詳細

【テーマ】都市と溜池保全
【日 程】 2011年3月6日(日)
【場 所】 神戸学院大学 有瀬キャンパス 14号館1階 141B教室
*会場と発表者情報が、ニューズレターでのご案内時とは変更になっております。
詳しくは”詳細”をご覧下さい。

ページのトップへ




■ 2010年度 夏季研究会詳細

【テーマ】豊水地と乏水地―徳島県那賀川流域と淡路島―
【日 程】 2010年8月27日(金)〜28日(土)(*申込締切は8月1日)
【場 所】 路島、徳島県

ページのトップへ




■ 2010年度 研究大会詳細

【テーマ】 東アジアの水資源・環境
【日 程】 2010年6月5日(土)10:00〜16:50
【場 所】 「コラボしが」3階中会議室1

ページのトップへ




■ 2009年度 冬季研究会詳細

【テーマ】 水利学説史と現代の課題
【日 程】 2010年3月13日(土)13:30〜17:00
【場 所】 (社)京都府農協会

ページのトップへ




■ 2009年度 夏季研究会詳細

【テーマ】 清渓川と韓国版ニューディール政策
【日 程】 2009年8月30日(日)〜9月1日(火)
【場 所】 韓国・ソウル

ページのトップへ




■ 2009年度 研究大会詳細報告

『これからの農業水利を考える』

ページのトップへ




■ 2008年度 冬季研究会 2009年3月7日(土)詳細

『水道の水源と経営問題』

ページのトップへ




■ 2008年度 夏季研究会 2008年8月25日(月)〜27日(水)詳細報告

『世界遺産知床の今を考える』

ページのトップへ




■ 2008年度 研究大会 2008年6月7日(土)詳細報告

『水道の水源と経営問題』

ページのトップへ




■2008年度 研究大会 2008年6月7日(土)詳細報告

『地球温暖化と水問題』

ページのトップへ




■ 2007年度 冬季研究会 2008年3月8日(土)詳細報告基調報告とコメント基調報告とコメント

『流域ガバナンスと市民社会-琵琶湖・淀川流域から考える-』

ページのトップへ





■ 2007年度 夏季研究会 2007年8月5日(日)〜7日(火)詳細報告

『沖縄の水と環境を考える』

ページのトップへ



■ 2007年度 研究大会 2007年6月2日(土)〜3日(日)詳細報告

『水源森林管理と水問題』

ページのトップへ



■ 2006年度 冬季研究会 2007年3月10日(土)〜11日(日)詳細報告

『文化的景観の可能性を考える』

ページのトップへ



■ 2006年度 夏季研究会 2006年8月5日(土)〜6日(日)詳細報告

『東京の水環境の今昔と再生』

ページのトップへ



■ 2006年度 研究大会 2006年6月3日(土)〜4日(日)詳細報告

『地域づくりと水循環』

  • セッション1 「地域づくりと環境再生」
  • セッション2 「地域づくりと環境教育」
  • セッション3 「地域づくりと水環境」
  • セッション4 「総合討論」

ページのトップへ



■ 2005年度 冬季現地研究会 2006年3月4日(土)詳細報告

『水の私法・公法-水法から考える-』

ページのトップへ



■ 2005年度 夏季現地研究会 2005年8月6日(土)〜7日(日)詳細報告

『地下からの水の恵みを探る-西伊豆をフィールドとして-』

ページのトップへ



■ 2005年度 研究大会 2005年6月5日(日)詳細報告

『水と環境教育』

  • 第1ステージ 研究発表
  • 第2ステージ 基調講演とパネルディスカッション「水と環境教育」

ページのトップへ



■ 2005年度 水資源・環境学会、下呂市共催 シンポジウム詳細報告

『豊かな森と水を活かす地域づくりシンポジウム』

ページのトップへ



■ 2004年度 冬季現地研究会 2005年3月5日(土)〜6日(日)詳細報告

『琵琶湖疏水の今―京都の水利用を考える―』

ページのトップへ



■ 2004年度 夏季現地研究会 2004年8月6日(金)〜7日(土)詳細報告

『長良川が育てた町〜郡上八幡・美濃・岐阜』

ページのトップへ



■ 2004年度 研究会 2004年6月5日(土)報告

  • 〔研究大会〕テーマ:「水循環と自然再生」
  • 話題提供と対談 『水循環と自然再生』 仲上 健一(立命館アジア太平洋大学)、黒田 大三郎(環境省)
  • セッション1 「水環境と生活」
  • セッション2 「水循環と自然・地域再生」

ページのトップへ



■ 2003年度冬季現地研究会 3月6日(土)詳細報告

『河川政策から水循環政策への転換』

ページのトップへ



■ 2003年度夏季現地研究会 8月4日(月)〜6日(水)詳細報告

「四万十川〜流域紀行〜」

ページのトップへ



■ 2003年度 研究会 6月14日(土)報告

    〔研究大会〕テーマ: 「地域社会と水環境」
  • 記念講演 『革新的スカイウォータープロジェクト』 村瀬 誠(国際雨水資源化学会)
  • 基調講演 『まがりかどにきた水糟ケ開発-「近い水」対「遠い水」-』 森滝健一郎(岡山大学名誉教授)
  • 研究発表

ページのトップへ



■ 2003年3月1日(土)〜2日(日)

2002年度冬季研究会
「国際的な水問題・地域的な水問題」
詳細報告

ページのトップへ



■ 2003年1月31日(金) びわ湖水フェア推進事業シンポジウム詳細

「コミュニティから健全な水循環をデザインする」

ページのトップへ



■ 2002年夏季現地研究会 8月3日(土)〜4日(日) 詳細

「イタイイタイ病の発生源となった神岡鉱山立入調査に参加しませんか!」

  • 見学先:岐阜県・神岡鉱山
  • 内 容:現地立入調査参加*「見学会を終えて」リポートはこちら*

ページのトップへ



■ 2002年度 研究会

・研究大会 2002年6月1日 大学コンソーシアム京都(発表要旨)

総合テーマ「人間生活と水」

基調講演 水問題の普遍性と特殊性について

  • 報告「名古屋の都市河川・堀川浄化を考えた」 渡辺泰(名古屋市上下水道局自主研究グループ・収水研)
  • 報告「海民ダイナミズムと北東アジア文化」 梁 説(都市生活環境文化創造研究会)
  • 報告「滋賀県の地下水汚染」 畑 明郎(大阪市立大学大学院経営学研究科)
  • 報告「環境マネジメントシステムの効用と有効性」 西田一雄(地域環境システム研究所)
  • 報告「水資源の国際取引と環境保護」 松岡勝美(富士大学経済学部)
  • 報告「生活史的にみた下水道技術の誤謬」 末石冨太郎(前副会長)

ページのトップへ



■ 2000年度 研究会

・研究大会 2000年6月3日 奈良文化会館(発表要旨)

総合テーマ「水と文化」

  • はじめに プログラム委員長 森滝健一郎(奈良大学)
  • 報告 「身体性を拡張させる空間要素としての水」客野尚志(兵庫県立人と自然の博物館)
  • 報告 「沐浴都市のコンセプトからみた水関連装置の意味」近藤隆二郎(滋賀県立大学)
  • 報告 「水の景と水の系/多面性の回復と統合化による水の文化」槇村久子(京都女子大学)
  • 報告 「「水」をテーマとしたまちづくり」織田直文(滋賀文化短大)
  • 報告 「棚田の多面的機能と保全の取組み」中島峰広(早稲田大学)
  • 報告 「溜池潰廃にみる地域環境の視点とその課題」川内眷三(四天王寺国際仏教大)
  • 報告 「カドミウム汚染米問題、再燃する」畑 明郎(大阪市立大学)
  • 報告 「水文化思想の日韓比較」仲上健一(立命館アジア太平洋大学)・梁 説(都市環境文化創造研究会)
  • おわりに 板橋郁夫(水資源・環境学会会長)

・夏季現地研究会(屋久島へ行こう)2000年8月24日〜26日(詳細)

  • テーマ 「循環型社会とゼロエミッション」
  • 見学先 屋久島
  • 内容 循環型社会とゼロエミッションに関わる研究報告
    屋久島の自然保護に関わるグループとの懇談
    林業振興、地域開発に関するヒヤリング等

・冬季現地見学会2001年2月21日

  • テーマ「ゴミ問題を名古屋・知多半島で考える」
  • 見学先 藤前干潟(名古屋市) → 名古屋港南5区(知多市) →(予定調整中:トヨタ自動車リサイクル施設(半田市))
  • 日時2001年2月21日(水)午前10時JR名古屋駅集合
  • 内容藤前干潟と南5区の産業廃棄物処分場を見学し、現地で関係者の説明を受けることを中心に実施
  • 担当者伊藤達也金城学院大学
  • 詳細詳細のぺージへ

ページのトップへ



■ 1999年度 研究会

・研究大会 1999年6月5日 椙山女学園大学(発表要旨)

総合テーマ「転換期の水政策・3・これからの水利用を考える」

  • 報告 「水道の水質について」 伊佐治知明(名古屋市水道局浄水課)
  • 報告「琵琶湖集水域の水循環:どのように変化してきたか?」 仁連孝昭(滋賀県立大学環境科学部)
  • 報告 「河川法の改正(環境の目的化、地域住民等の意見の反映)」 佐々木一英(建設省中部地方建設局河川調査官)
  • 報告 「農業用水使用の特徴と水資源管理」 佐藤政良(筑波大学農林工学系)
  • 報告 「水がつくる農村景観の魅力」 神吉紀世子(和歌山大学システム工学部)
  • 報告 「総合的水管理と水道事業」 太田 正(岐阜経済大学経済学部)

・夏季現地研究会(韓国エクスカーション)1999年8月25日〜28日詳細日程

  • テーマ 「韓国の水資源・環境政策」
  • 見学先 韓国(ソウル)

・冬季研究・見学会 (東大寺お水取り)2000年3月3日 写真有り

  • テーマ 「水と文化」
  • 見学先 東大寺(奈良市)
  • 内容 講話「お水取り行事について」
    東大寺副主任 平岡昇修師
    二月堂内陣 特別拝観およびお水取り行事

ページのトップへ



■ 1998年度 研究会

春季研究大会 1998年6月13日 京大会館

  • 総合テーマ「転換期の水政策・2・水環境の保全と管理」
  • 報告「環境管理のための下水道事業の今後」野村克巳(京都市下水道局)
  • 報告「緊急を要する水制度改革 - 忍び寄る水破局を前にして」稲場紀久雄(大阪経済大学)
  • 報告「下水道施設の放流水質と琵琶湖水質との関係」板津平儀(彦根市環境保全指導員)
  • 報告「生態系を活用した水辺環境の創出」竹本克巳、森畑弘一(おおさか水辺環境研究会)
  • 報告「透明性や説明責任を高めるのに、公共事業投資の経済評価は寄与するか」盛岡通(大阪大学)

夏季現地研究会 8月28日、29日

  • 28日 熊本県水俣市役所、水俣湾埋め立て地など
  • 29日 地域づくり運動意見交換など

冬季見学会 1999年1月30日

  • 「ダイオキシンとダム自然修復の問題を考える」
    @一庫ダム(水資源開発公団)A豊能郡美化センター(豊能郡環境施設組合)

ページのトップへ



■ 1997年度 研究会

春季研究大会 1997年5月10日(早稲田大学)

総合テーマ「転換期の水政策」

  • 報告「21世紀の水資源環境戦略」 仲上健一(立命館大学)
  • 報告「事業評価と水源地域特別措置法制度」宮野雄一(岐阜大学)
  • 報告「河川水利秩序と渇水調整」伊藤達也(金城学院大学)
  • 報告「いぎりすにおける水管理政策と河川法」松岡勝美(冨士経済大学)
  • 報告「河川法の改正と「環境」問題」板橋郁夫(創価大学)

・シンポジウム 1997年8月9日

総合テーマ「揖斐谷の豊かな自然をみつめて」

  • 報告「自然環境と地域おこし」大内幸雄(岐阜県自然環境保全審議会会長)
  • 報告「野鳥から見た揖斐の自然」沢嶋武徳(野鳥写真家)
  • 報告「身近な自然の担い手づくり」千頭 聡(日本福祉大学)
  • 報告「自然とのふれあい」名和秀雄(名和昆虫研究所長)

・1997年8月10日

夏季現地研究会「徳山ダム・旧徳山村現地見学会」

  • 行程 大垣市 → 藤橋村 ← 徳山ダム建設地点 → 大垣市
  • 1998年2月20日

冬季研究会 大阪ガスエネルギー文化研究所 意見交換会

ページのトップへ



■ 1996年度 研究会

・1996年1月20日( 第11回大会・大阪)

  • 総合テーマ『』
  • 基調講演「リスクをめぐる議論の方向づけについて」 末石冨太郎(滋賀県立大学)
  • 報告「水環境社会資本の危機管理」 小林三樹(北海道大学)
  • 報告「化学物質の環境リスク分析における不確実性の処理」 東海明宏(岐阜大学)
  • 報告「環境問題のリスク/ベネフィット分析」 岡 敏弘(福井県立大学)
  • 報告「企業における環境リスクとリスク・マネージメント」 後藤敏彦(環境監査研究会)

・1996年5月11日(東京・早稲田大学)

  • 総合テーマ『循環型都市への課題』
  • 報告「生態・環境都市の系譜」 小幡範雄 (立命館大学)
  • 報告「新都市づくりにおける循環システムの事例-計画と導入-」 若井郁次郎((株)日建設計)
  • 報告「都市における水循環の課題」 足立孝之((株)建設技術研究所)
  • 報告「建築におけるサステイナブルデザインの諸相」 林 昭男(滋賀県立大学)

・1996年8月20・21日

夏季現地研究会『農村リゾートの体験とその実態』 (島根県日野郡江府町カサラファーム)・解説 江府町役場 川端孝志 竹内敏郎

ページのトップへ